山形のシシ踊りガイドブック―楽しく見るための手引書―
56/62

54子どもシシ踊り子どもシシ踊り庄内地区・鶴岡市添川両所神社御獅子舞そえかわりょうしょじんじゃおししまい もともと東栄地区には、東堀越地区と添川地区に継承されている獅子踊りと獅子舞の2つの伝統芸能があったが、平成4年に「小学校に獅子踊りを取り入れる実行委員会」が発足した。それによって、東堀越と添川の芸能のそれぞれの見せ場を中心に20分程度の小学生用にアレンジした踊りが完成した。平成5年には正式に東栄小学校の教育活動に位置づけられ、全校生徒が東堀越と添川地区の2グループに分かれて獅子踊りを習得する活動が始まった。現在では総合的な学習の時間や朝活動の時間などを使って練習を重ねている。 1年生から3年生までは竹打ちを行い、キッタンダンコの太鼓のリズムを学ぶ。4年生は実際に太鼓を身につけて踊りを習う。5年生になるとカシラをつけて袴をはいて踊る。最終学年の6年生では完全に正装をして踊る、という系統的な練習を積み重ねている。年間では学校行事はもちろん地区の祭りなどかなりの行事で踊りを披露している。引継ぎ発表会では6年生から5年生に引き継ぐ「儀式」を毎年行っている。庄内地区・鶴岡市東堀越獅子踊ひがしほりこしししおどり もともと東栄地区には、東堀越地区と添川地区に継承されている獅子踊りと獅子舞の2つの伝統芸能があったが、平成4年に「小学校に獅子踊りを取り入れる実行委員会」が発足した。それによって、東堀越と添川の芸能のそれぞれの見せ場を中心に20分程度の小学生用にアレンジした踊りが完成した。平成5年には正式に東栄小学校の教育活動に位置づけられ、全校生徒が東堀越と添川地区の2グループに分かれて獅子踊りを習得する活動が始まった。現在では総合的な学習の時間や朝活動の時間などを使って練習を重ねている。 1年生から3年生までは竹打ちを行い、キッタンダンコの太鼓のリズムを学ぶ。4年生は実際に太鼓を身につけて踊りを習う。5年生になるとカシラをつけて袴をはいて踊る。最終学年の6年生では完全に正装をして踊る、という系統的な練習を積み重ねている。年間では学校行事はもちろん地区の祭りなどかなりの行事で踊りを披露している。引継ぎ発表会では6年生から5年生に引き継ぐ「儀式」を毎年行っている。(上段と同文)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です