山形のシシ踊りガイドブック―楽しく見るための手引書―
44/62

42 四ヶ村とは旧十六合村の主殿新田・中野・南野新田・南興屋をいい、この四集落で1つのシシ踊りを構成してきました。シシは5頭で、中ジシ・剣ジシ・供の雄ジシ・雌ジシ・白鷺ジシからなります。その他に小学1、2年生が女装するササラ摺りと小中学生が演じる太刀使い2人・棒使い2人もいます。演目は「大踊」「橋掛かり」「弓踊」の3部があり、全部を踊りきるにはおよそ4時間もかかります。毎年8月15日に4集落の鎮守である各神社で奉納公演を行い、依頼先の庭で踊っています。余目新田、古関、西袋、吉岡・生三の各獅子踊は四ヶ村獅子踊を手本としており、いわば子獅子(弟子)にあたります。庄内地区・庄内町四ヶ村獅子踊しかむらししおどりJR羽越本線 余目駅よりタクシー…………………………13分JR陸羽西線 狩川駅よりタクシー…………………………15分庄内町教育委員会社会教育課TEL.0234-56-3312庄内町中野字前割 皇大神社JR羽越本線 余目駅よりタクシー…………………………12分JR陸羽西線 狩川駅よりタクシー…………………………17分庄内町主殿新田字前割 皇大神社JR羽越本線 余目駅よりタクシー…………………………11分JR陸羽西線 狩川駅よりタクシー…………………………14分庄内町南野新田字西割 八幡神社JR羽越本線 余目駅よりタクシー…………………………11分JR陸羽西線 狩川駅よりタクシー…………………………18分庄内町南興屋字前通割 八幡神社8月15日主な公演場所/交通アクセス公演日 問い合わせ先「太刀使い」「棒使い」は子どものみならず青年たちも交じって力強く演じているのが印象的である。いざあいとのも

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です