山形のシシ踊りガイドブック―楽しく見るための手引書―
36/62

34 『獅子踊諸雑用控帳』に渡前獅子踊は文政10年(1827)、さらにそれ以降の江戸時代後期に幾度か踊られている記録が残っています。また近隣の宝徳からシシの頭が伝えられたとか、須走から踊りを教わったというような伝えがあります。毎年8月15日に集落の鎮守である五所神社の例祭で奉納公演をおこなってきました。渡前獅子踊は平成13年以来中断していましたが、平成23年8月に五所神社例祭で踊りを披露して10年ぶりに再開されました。平成9年から渡前小学校には「子ども獅子踊り」があり「ふじしま夏祭り・鶴岡伝統芸能祭」などで演じられています。庄内地区・鶴岡市渡前獅子踊わたまえししおどりJR羽越本線 藤島駅よりタクシー…………………………10分鶴岡市教育委員会社会教育課文化財係TEL.0235-57-4868主な公演場所への交通アクセス鶴岡市渡前白山前 五所神社8月15日主な公演場所 公演日 問い合わせ先「ササラ摺り」の女児。花笠から衣裳までピンク色で統一した可憐な姿でシシの踊りを楽曲で支える。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です