建築士山形 2015 No.95 architect of yamagata
40/46

EEvent Reportイベント報告Page38劇場があるのも新しい発想で良かったと思います。それぞれに、夢があり、実際に建ててほしいと思うような楽しい作品でした。 ほとんどの生徒がCADを駆使して図面を書く時代に入ってきたわけですから、図面の表現力においては差がなくなりつつあります。特に今回は曲線を使用した作品が多く有りました。従いまして独創性、芸術性において貪欲な追及がさらに必要になると思われます。 模型部門に12点の応募があり、レベルがさらに向上してきております。特に石山寺多宝塔は精密に造られており、その精度は目を見張るものがありました。指導する先生にも敬意を表したいと思います。今年は山形工業高校が改築工事に本格的に入る年でもあり、校舎の完成予想模型が出展されましたし、宇宙都市「スペースタウン」は未来の作品であり、模型部門では初めてのことと思います。更に高さ2mを超える「あべのハルカス」もあり、例年になく、バラエティーに富んでおりました。このコンクールが山形県だけで終わってしまうのは、もったいないような気がいたします。是非「建築甲子園」のような全国大会があるべきだと思います。 今後、進学や仕事にと社会に巣立っていく、夢多い学生諸君にとっては、この経験が必ずや未来に大きなエネルギーとなることを確信し、今後の活躍をお祈りいたします。 第62回となります山形県内高等学校建築科卒業設計・デザインコンクール審査会を平成27年2月17日午後1時よりパレスグランデールにて行いました。今回は県内建築系の高校6校に参加していただき、設計部門に7作品、模型部門に12作品の応募がありました。審査には各工業高校の先生方にも参加していただいております。審査結果設計部門最優秀賞飛龍伝説~龍と剣~武田 知展(鶴岡工業)優秀賞ひがしね産業会館~地域産業の活性化を目指して~板垣 直斗(山形工業)優秀賞図書館~本の森~伊藤 耕大(山形工業)佳作きてみっちゃ(chi te mi ciao)~郷土愛を育む里~小野寺一樹(鶴岡工業)特別賞セカンドホーム伊藤 真紀(米沢工業)模型部門最優秀賞石山寺多宝塔  川田 匠・遠藤 隆平・児玉 龍之介・        山水 将司・田代 那成・土屋 拓巳(長井工業)優秀賞山形県立山形工業高等学校校舎        石山 怜実・川合 啓太・木村 洸介・後藤 芹菜・        小松 紗弥・林 享佑・日野 ゆず(山形工業)優秀賞落水荘~falling water~        浅岡 健介・木村 光希・佐々木 実森・関越 智佳        (新庄神室産業)佳作あべのハルカス 遠藤 祐真・太田 将哉・奥山 泰人・加藤 銀太・        木村 優太・小玉 憲・佐藤 蓮・早坂 忠法 (山形電波工業)佳作スペースタウン 鏡 智里・芳賀 美幸・鈴木 志穂・原田 佳奈 (米沢工業)特別賞姫路城     渡辺 裕・ 碓氷 明日香・坂本 茉那(鶴岡工業)特別賞モン・サン=ミシェル        鈴木 千絵美・遠藤 沙稀・中村 理沙(長井工業) 審査委員として、県技術職員と出品した各工業高校の先生方、そして建築士会の教育・事業委員会の17名で審査いたしました。 今年の作品は学校、文化施設、図書館、エコ施設、医療施設、タワービル、寺院建築、住宅等多岐にわたる作品を出展していただきました。設計部門では 1:独創性があるか(夢・希望) 2:デザインと芸術性 3:建物のテーマに対する理解度 4:全体的(機能的)にまとまりがあるか 5:設計の表現能力 などを主眼に厳正に審査いたしました。いずれも大変努力のあとが見受けられます。 今年の作品は例年以上にハイレベルであり、地域性に富んで、いろんな角度から考えられている作品が多く、今どきの高校生も結構やるんではないか、というのが感想です。上位の数点は力量が拮抗しており、僅差の勝負となりました。 特に「飛龍伝説~龍と剣~」は地域の伝統芸能「龍の舞い」を取り入れた剣道場等の多目的施設で、発想がユニークで有り地域に溶け込んだ作品といえます。又「ひがしね産業会館」は、農業-販売-レストラン-再生エネルギ-工場-ショールームと連動しており素晴らしい発想です。道の駅に自由に見れる第62回県内高等学校建築設計・デザインコンクール審査会平成27年2月17日(火)中川善雄 NAKAGAWA yoshio教育事業委員会 委員長Page38TitleNameNumber建築設計・デザインコンクールイベント報告1/1

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です