広報かほくNo1110平成25年1月15日
3/10

 日展参与の彫刻家として、町内の商店街やサハトべに花、学校に作品が展示され、河北町の発展に大きく貢献し、1982年に紺綬褒章、2000年に河北町名誉町民になられた尾形喜代治氏(横町出身)が、去る平成24年12月15日に逝去され、12月18日に告別式が行われました。 第12代河北町消防団長として、後藤健次さん(要害)が、1月1日付けで任命されました。 消防団は、郷土愛護と奉仕の精神のもと、「地域の安全は自分たちで守る」を合言葉に集まった団員で構成され、後藤さんは、そのリーダーとして活躍が期待されます。 奥山敏夫さん(吉田下)が、「平成24年度日本スポーツ少年団顕彰事業」の指導者表彰を受けました。 これは、長年に渡り地域のスポーツ少年団の指導・育成に大きな貢献をされてきたことが評価されたもので、奥山さんは、現在も河北町スポーツ少年団本部長・河北町体育協会副会長などを務められています。 株式会社天心園(後藤慶治代表)より、もみがらを加工したバイオマス燃料「モミガライト」500キログラムを寄贈いただきました。 町では、非常時の備蓄燃料として使わせていただきます。名誉町民 尾形喜代治氏が逝去名誉町民 尾形喜代治氏が逝去河北町消防団長の任命河北町消防団長の任命奥山敏夫さんが  スポ少指導者表彰奥山敏夫さんが  スポ少指導者表彰▲丹野副町長にモミガライトを 手渡す後藤さん(4区)▲丹野副町長にモミガライトを 手渡す後藤さん(4区)バイオマス燃料を寄贈バイオマス燃料を寄贈(12月6日 役場)(12月6日 役場)(12月4日 役場)(12月4日 役場)心とからだをきたえ明るいまちをつくります雛とべに花の里を行く2013.1.15号(4)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です